9歳からの唯物史観入門

はじめに

チマメ隊の足裏舐めたい

 

唯物論とは何か

そもそも「唯物史観」の「唯物」は,「唯物論」からきています.

ゆいぶつろん【唯物論

〘哲〙 物質を根本的実在とし、精神や意識をも物質に還元してとらえる考え。唯物論的思想は古代ギリシャ初期、中国・インドなどにも現れているが、近代以後では一八世紀フランスの機械的唯物論、一九世紀のマルクス弁証法唯物論などが代表的。マテリアリズム。

 大辞林 第三版

この意味わかるか?俺にはわからんわ

 

乱暴に言うと,こころ(精神)とモノ(物質)のうち,モノを重視する考え方が唯物論です.

特にマルクス主義の文脈で「唯物論」と言うときは,経済を重視するぞ~みたいな意味であることが多いです.

 

史観とは何か

歴史上のできごとを考えたり解釈したりするときの統一的な立場・考え方を指します.たとえばぼくが「世界はだいたい下半身で回っている」と考えたとします.すると,アクティウムの海戦はクレオパトラの美貌に嫉妬したオクタウィアヌスのちんぽ戦争だと考えることができますし,フランス革命マリー・アントワネットのシコさに興奮した市民たちの暴動とみなせます.

このように,「歴史上の(多くの)できごとはみな○○を背景として起きた」という見方を持ち込むことで,歴史を把握しやすくなったりします(ただし,弊害もかなりあります).

皇国史観のせいで○○史観というワードは悪印象を抱かれていると思いますが,唯物史観は良いやつなのでかわいがってあげてください.

 

つまり,唯物史観とは

歴史上のできごとを経済をベースに考え,解釈することです.

これを端的に象徴しているのが,『共産党宣言』にある以下の句です.

今日までのあらゆる社会の歴史は,階級闘争の歴史である.

 

唯物史観でみる歴史

唯物史観がいったいどういう意味なのかざっくり把握したところで,実際に唯物史観に立って歴史を眺めてみましょう.

 

中世

中世の社会では,労動による生産はとても小規模です.生産の成果物(たとえば農作物)はもっぱら自分で食べるためか「お上」に年貢として納めるため消費されました.これを誰かに商品として売るのは,生産がよほどうまくいき,たくさんの余りが出たときにかぎります.

 

産業革命

ところが,産業革命が中世社会をぶちこわします.大規模な工場が都市に建てられ,地方に分散していた人口が集中するようになりました.大工場ができたことで,モノの生産は個人ではなく複数人で行われるようになります.つまり,生産が社会化したわけです.ところが,生産の成果物は個人である工場主に取得され,工場主によって個人的に交換(取引)されます.すなわち,社会的な生産←→個人的な取得と交換,という矛盾した構造が生まれてしまったわけです.

エンゲルスによれば,「この矛盾の内に現代の一切の衝突の萌芽が含まれている(原文傍点)」そうです.

たとえば,矛盾の帰結として,労働者階級が発生します.産業革命前の社会でこぢんまりとした生産を行っていた小生産者・小農業労働者は,大規模に生産される商品に太刀打ちできなくなり,生計を立てるため大工場の労働者に堕してしまいます.

 

プロレタリア革命

書くのめんどくさくなったので端折りますが,産業革命後の資本主義の発展は矛盾を増大させ,やがて矛盾を解決するためのプロレタリア革命が発生します.

 

おわりに

たぶん,おれ,ちゃんとした文章書くの向いてない

(追記)「中折れ」と言われました.簡にして要を得ていますね.