思想と生活と金

まえがき

ごちシコ要素はありません

ほんへ

思想は重要です.人間が理性的な存在としてある以上,哲学はなくてはならない学問です.人間は行動に関して無限の選択肢を保持しているため,その指針として常にまとまった思想を必要としています.

しかし,思想と同じくらい,実際の生活も重要です.私たちは,生きていくために,風呂を沸かしたり米を炊いたり書類にハンコを押したり部屋を片付けたりしなければなりません.そして,生活に思想は存在しません.少なくとも,大多数の人にとっては.実存主義的に歯を磨いたり,逍遥学派の主張に基づいて電卓を叩くような変人は,ここでは取り扱いません.

何を言いたいかというと,21世紀の日本では,生活の人生に占める割合が増大しすぎて,思想がどこかに飛んでいってしまっているのではないか,ということを言いたいです.普通に考えて,一日14時間働き7時間寝るような生活から思想を生み出すのは不可能です.

現代思想は生活に大きく侵食されています.大学でExcelの使い方を教えるべきかべからざるか,という形で,リベラル・アーツと実学とについてTwitterがてんやわんやしたのは記憶に新しい事象です.生活が増大しているため,私たちは実学に多くの学習コストを振り向けなければなりません.思想を生み出す源であるLiteratureは大きく生活に傾いています.現在出版されている書籍の9割9分は拝金主義によりかかったゴミです.法が許すのならば片っ端から油に浸した上で燃やしてやりたいような代物です.哲学も生活の影響を強く受けているように思えます.ここ数十年ぐらい,哲学の世界では日常言語分析やポスト構造主義といった「局地的な」分野がブームだったそうです(詳しくは知りませんが).私たちは,大局的で抽象的な思想を得ることがきわめて難しい状況におかれています.

しかし,思想が生活によって貧弱になったのには,致し方ない面もあります.というのも,豊かな思想を生み出すには金と余暇が必要だからです.『風の歌を聴け』という小説には以下のような一節があります.

 もしあなたが芸術や文学を求めているのならギリシャ人の書いたものを読めばいい.真の芸術が生み出されるためには奴隷制度が必要不可欠だからだ.古代ギリシャ人がそうであったように,奴隷が畑を耕し,食事を作り,船を漕ぎ,そしてその間に市民は地中海の太陽の下で詩作に耽り,数学に取り組む.芸術とはそういったものだ.

 夜中の3時に寝静まった台所の冷蔵庫を漁るような人間には,それだけの文章しか書くことはできない. 

国民の政治離れが~とか言って投票を促しても無駄です.労働に呻吟する国民には,政治のことを考える暇がないのですから.投票率を向上させたいのなら,まず労働基準法の遵守を徹底させるべきです.

豊かな思想を生産するには,少なくない余暇と金が必要です.

要するに

f:id:villach:20170805155634j:plain