比較ごちシコ論 #1

まえがき

2017年7月号の『図書』(岩波書店が発行している月刊誌)に,政治学者の原武史氏が書いた『三笠宮との対話』という文章が載っていました.主題とはあまり関係ありませんが,その文章の書き出しはこうでした.

人文社会系の学者にとって,研究対象との「距離」をどうとるかは難しい問題である.対象から離れれば離れるほどとらえづらくなるが,かと言って逆に没入してしまうと客観視できなくなるからだ.

当たり前といえば当たり前のことです.ごちシコ論の分野においても,この主張は当てはまると思います.もちろん,私は学者ではありませんし,ごちシコ論は(残念なことに今なお)人文社会系の一学問分野として認められていません.ですが,学問(科学)以外の世界でも,「客観的な視座に立つ」というのは極めて重要なことです.

しかるに,考察対象との適切な距離を保ちながら考察を行うことは,易しいことではありません.主観的な考え方にとらわれた文章(私が書く文章もその一つだと考えられます)は,インターネット上はもちろんのこと,活字の世界においてさえたくさん見受けられます.客観的な視座に立つには,よほどの努力が必要だとすら思えてきます.

しかし,実は,「客観的にものごとを考える」という難題の解決に挑む人々をサポートしてくれる道具があります.それが「比較」です.考察対象と類似しているもの,あるいは考察対象と正反対のものなど,別の考察対象を持ち出すことで,ものごとをより多角的に捉えることができるようになります.

いま,「比較」という道具を用いた新しい学問が発展しつつあります.その一つが「比較文化論(比較文化学)」です.小学校の平和教育ビデオみたいなことを書きますが,「異文化への偏見」は,歴史のなかで少なからず戦争の理由になってきました.4000年間ずっと戦争をやりつづけ,いい加減疲れてきた人類は,最近になってようやく「異文化の尊重」ということを学びました(遅すぎると思います).そして生まれたのが,相対化によっておのおのの文化をとらえる「比較文化論」です.

本テキストは,そういった時代の潮流を鑑み,ごちシコを他作品シコとの連関を通じて考え直そうとして書かれたものです.

まえがきが大変長くなってしまい申し訳ありません.クッソ下世話なテーマのためにこれほど長いまえがきを書いてしまった自分に呆れています.さっさと次に進みましょう.

もざシコ

まんがタイムきららが誇る神聖漫画こときんいろモザイク(以下きんモザ)ですが,信じられないことにこれでシコる人も存在します.

きんモザの特徴を列記すると,だいたい以下のようになります.

  • 金髪
  • アリス・シノ・カレン,綾・陽子の百合感が素晴らしい
  • 登場人物同士の友情がすごいしヤキモチ焼いたりする
  • 久世橋先生がかわいい
  • ギャグが比較的多め
  • 癒される

まんがタイムきららの作品はよく「どれもこれも似たようなやつばっかり」と言われますが,きんモザごちうさの間には結構明確な差があると思います(主観).というのも,きんモザは「癒される」漫画ですが,ごちうさは「尊い」漫画なのです.この差がシコの際にも現れます.

ぼくはきんモザではシコれません.なんかシコる気になれないからです.そもそも,ごちシコさえ「性的」に行っているわけではありません.ごちシコは「畏敬の念を具体化する一種の儀式」だからです.つまり,ごちシコは「ごちシコ」ではなく「ごちサクラメント」と呼ばれるべき行為です.しかし,きんモザは「尊い」漫画ではなく「癒される」漫画です.ごちうさが神なら,きんモザはロイヤル・タッチを行う世俗君主です.

 

一気に文章を書くとまとまりがなくなってしまいますね.脳みそが混乱してきたのでこのあたりで執筆を切り上げようと思います.結局ごちシコをロクに考察できていませんが,なんとなくモザシコとごちシコの違いをわかってもらえたら嬉しいです.